WEBメディア
WEB(ホームページ)制作で知っておきたい基礎的な用語について

WEB制作

WEB(ホームページ)制作で知っておきたい基礎的な用語について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンプル

私たちの生活においてインターネットはもはや必要不可欠なライフラインと化している、そんな現代でインターネットに関わる仕事に就きたいと考えている方も多いかと思います。
インターネットに関するお仕事といえば、まずはホームページ制作(WEB制作)というものが思い浮かぶでしょう。

しかしWEB制作の世界では様々な専門用語が飛び交い、「なんだか難しそう……」「さっぱり意味が理解できない……」とハードルの高さを感じるかもしれません。

そこで、少しだけWEB制作の世界に興味があるという初心者の方に向けて、最低限知っておきたい基礎的な用語をいくつかご紹介・解説してまいりたいと思います。

WEB制作に関する基礎的な用語

HTML

これはWEB制作の基本中の基本ともいえる単語です。「Hypertext Markup Language」の略語で、「ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ」と読みます。
数あるプログラミング言語の一種で、日頃私たちが何気なく眺めているホームページはこのHTMLによって構築されているのです。

例えば画像を載せる、表を組み立てる、見出しの大きな文字を書く、ポチッと押すと別のページにジャンプするリンクを設置する……などは全てHTMLによって行われています。

CSS

これもHTMLと並んでWEB制作に欠かせない基礎的な単語です。「Cascading Style Sheet」の略語で、「カスケーディング・スタイルシート」と読みます。
HTMLと同じくホームページを構築するためのプログラミング言語で、こちらは主にHTMLで設計した様々な要素の「見栄え」を整える目的で使用されます。

例えば文字の色や太さ・大きさなどを変更したり、特定のブロックに背景色をつけてみたり、画像のサイズを調整したり……。
あるいはページを構成する様々な要素・セクションの配置を整列するのにも使用されます。

HTMLだけだと、文字と画像が縦にずらずらと羅列されるだけの質素な見た目になりますが、そこにCSSを加えることで「見た目に美しい」「分かりやすい」ページへと変身することができるのです。
(※HTMLだけでも見た目をキレイにすることは可能ですが……後々の運用・管理面を考慮して大半の場合はHTMLとCSSは独立して設計されます)

JavaScript

こちらは「ジャバスクリプト」と読み、HTMLやCSSだけでは実装が困難な「動的な要素・コンテンツ」に用いられるプログラミング言語です。
かいつまんで言えば、ユーザーが行なった何らかのアクションに対して、ホームページ上の様々なオブジェクトが出現したり動いたり消えたりする……というものがJavascriptによる動作なのです。

HTMLやCSSでもシンプルな動きは実装できることはできますが、これらは本来静的なコンテンツのマークアップに使用される言語なので限界があります。

最も身近な例でいえば、画像をクリックすると画面が少し暗くなった後ポップアップで画像が拡大表示される仕組み。
これもJavaScriptによる制御なのです。
他にも、画面をスワイプすると画像が切り替わる仕組みや、メニューにカーソルを合わせるとサブメニューが下にニュッと出現する仕組みなど色々な場面でJavaScriptは使用されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加